logo-aro Official Home Page
Biography
プロフィール写真
aroという名前

中学生の頃、深夜ラジオを聞き漁る。
「ラジオに はがきを送ろう」と思い、ラジオネームを考えていた際
"アロエヨーグルト"を食べていたことがきっかけ。
"aro"で送ったはがきは 様々なチャンネルで読まれた。

aroのこれまで

1986年8月5日 台風直撃真っ只中に生まれる。
4歳まで東京、5歳から山梨で育つ。

行ったり行かなかったりの 学生時代を過ごし
富士山麓の山の中で、自然や動物と会話をしながら
自由で 根暗で 人付き合いに貧弱な青春時代を送る。
絵を描くこと、詩を書くことが、ルーティンだった。

7歳から地域の合唱団や鼓笛隊に参加し、さまざまな楽器を経験。
16歳、まじめに行きはじめた高校の音楽の授業で初めてギターを手にし、感激。
その日のうちにギターを購入。しかし、指が痛くて即挫折。
17歳、バイトを掛け持ち、給料全額を ひとりカラオケとTSUTAYAに注ぎ込む。

18歳、某音楽事務所育成学校に入学。東京に上京。
曲を作り始める。ピアノでの作曲から、気付けば再度 ギターを手にしていた。
育成学校で出会った、大滝秀則に現在も師事。弾き語りを追求する。

21歳、2007年12月29日。赤羽駅で路上ライブをはじめる。
2010年1月30日、1CD「ふじよしだ」をリリース。(200枚限定。現在廃盤。)
2011年4月29日、2CD「あおいろ」をリリース。
路上演奏の最中、独自の特徴を模索する中で、足に鈴をつける。
2012年3月31日、フリーでの活動に 終止符を打ち
2012年4月15日、インディーズ事務所から本名でCDデビュー。
デビューシングル「東京故郷」をリリース。
2012年夏、活動の窮屈さから 事務所を脱退。フリーの音楽活動に再起。
2012年冬、「ストリートライフ」がJCNさいたまのデイリーニュースのエンディングテーマに。
2013年2月2日、3CD「きいろ」をリリース。
2014年2月14日、4CD「あかいいろ」をリリース。
2014年、父親の死を機に、住まいを山梨に戻し、実家の旅館の経営を引き継ぐ。
旅館経営しながらも、関東全域に活動を展開し、年間100本以上のライブを継続する。
年末の12/29に7周年ワンマンライブを行い、初アルバム「あろいろ」をリリース。
2015年は、インド、カンボジア、香港などでも路上ライブを行う。
年末12/29にminialbum「宵闇」をリリースした。

弱さや儚さや空しさなど、決して強くない曲の中にも
最後には、小さくとも しっかりと光る希望を描くaroの曲は
様々な空間で、日々色を変え、自由に響き渡る。

すき

絵を描くこと
読書
あてのない長い散歩
着物を着ること
ひとり海外
富士山
チョコレートとお花

きらい

ぴりぴりした空気(ふざけては自分を失う)
罵声と人混み(精神病が発令し意識を失う)
夢をたくさん見た朝(疲れて動けなくなる)
礼儀や節度や我慢のない人(日本人やめろ)
たまねぎ(信じられない)